謙虚に日々精進


by mononofu009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

3のつく日は

c0108806_1652192.jpg

 今日は、兄コブの月命日。 
 
 さて、6月3日といえば・・・
 今から397年前の今日、大阪夏の陣において、徳川家康本陣を蹴散らし、家康に肉薄するも、志果たせずに、四天王寺側の安居神社にて、その生涯を閉じられた、真田幸村公の命日にござります。

 諸説ござるが、其れがし、敢て、長くこの日本で親しまれてきた、真田幸村公と言う御名で御呼びいたしたい。
 
 念のために申しますと、現存する、些少の記述文書をもってして、当時の人物に対し、伝承逸話の非を論ずる、資料偏重主義を、某は、一切、認めない者にござります。

 僅かに残るピースを集めて、組み立てたパズルなど、所詮、完璧な物にはならないのと同様に、史料を盲目的に拠所とするリアリストも、結果的に憶測からは逃れられず、左様な浅慮で愚かな思考でもって、故人を過小評価する等、それこそ、無礼千万と心得ております。

 あった事は、確かに在った。
 その人は、確と存在した。
 それでいいのです。

 余人が何と言おうと、それでいいと、其れがしは思いまする。


 生物は、死ぬために生きております。
 人もまた然り。
 人は死を、不可避と知りながら、その死がくるまで、喰らい、飲み、欲を満す事に努め、それ故に、理屈にあわぬ理不尽な行為をしてしまうものです。

 醜悪、卑劣、脆弱 迷走、虚偽、愛憎、強欲は、死在るからこそ発する、人の宿命といえるでしょう。そういう生き物なのです。

 故に、より確かであろう事実や真実や教義に、縋りたくなるものです。弱ければ己の信念など、容易く崩れますからのぉ。

 言い換えるなら、何をどう聞かされ、見せつけられても、己に、確固たる信念や初一念があるなら、迷うものではございませぬ。
 
 
 

 荘子曰く。
 鷦鷯 森林に巣うも、一枝に過ぎず。
(森林に棲む鳥もその羽を休めるのは一枝で十分)
 偃鼠は河に飲むも、腹を満たすに過ぎず。
(ネズミが水を求め、川の水を飲んでも、腹一杯が限界)

    
 

 理屈や強欲、虚飾や矜持に拘泥して、雁字搦めで窮屈な人生より、己の初一念にそって、全力で専心する人生の方が、とっても清々しいように思えまする。

 かの幸村公は初一念、真田の武略を世に示さんと、条件の最悪なブレーンと共に戦われ「日本一の兵」と賞せられ、今日尚、多くの尊敬を集められております。

 今亡き兄コブは、倒れるまで家族とともに在らんと自身の意を貫き、病と闘い続けました。
 
 己は何の為に生き、その為に何を成しているか?己の信念において迷いは無いか?
 3日という日は、そう改めて自問いたす日にございますが、今日は幸村公の命日故、平生より尚の事でございます。






======================
[PR]
by mononofu009 | 2012-06-03 18:54 | 大切な事