謙虚に日々精進


by mononofu009
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

御挨拶方々

c0108806_1183661.jpg


 〆切りを無事に乗り切りまいて、いよいよ明日から、静岡HobbyShowが開催されます。どうぞ皆々様、御運びの程、由なに御頼み申し上げまする。



 
 さてさて、些か時間もできまいたので、先日、久方ぶりに、御館様のお屋敷に御伺い致しまいた。














 時候の挨拶や世間話等、多々重ねましたる事は、ここでは割愛致しまして、早速ながら、恒例!物色タイムでの収穫をご紹介!!


 まずは。
c0108806_1130105.jpg

c0108806_11304115.jpg

c0108806_11311065.jpg

  製造所の名称は・・・・失念いたしました・・・
 御気にめされました方は、どうか御館様に御問い合わせ下さい。
なんでも、今年の米国のショットショーに展示されていたという、新型迷彩のプロトタイプだそうで、パックには背刀よろしく、マグを挿す様になってるのが、大きな特徴でござります。
 とても色合いの感じの宜しい迷彩で、思わず・・・・














 よこせッ!!

と言いたくなる逸品ですな。

 次に。
c0108806_1134662.jpg

c0108806_11351350.jpg

c0108806_11362471.jpg


 冒頭の写真は、イラクで英雄的な戦死をなされたNAVY SEALsのマイケル氏が、訓練の最中と思しき一枚で、御存知の方も多き事と存じます。
 この時、マイケル氏が使用していたのと同形・同色の、バックパックとスノーシュー(MSR官給品Ver)が、何故か?御館様のお屋敷にござりました。

 パック自体の重量は、グレゴリーのスピアバックパックと、ほぼ同じ重さかと存じます。
 また、容量もスピアと同程度の、120リッターといったところで御座りましょうか?
 出来具合は、実に堅牢この上ない物で、相当に荒々しい使い方を致しましても、壊れそうにはございませんな。

 元来、バックパックのマニアの其れがしですが、もう齢を四十四となります其れがしとしては、この重さのバックパックでフルロードで・・・・と言うのは、ちと辛う御座ります故・・・・・・





 かるぅ〜く








 いらね

 と、御辞退申し上げた次第に御座ります。

c0108806_11584838.jpg

 こちらは、オプションのサイドポーチ。
 
c0108806_1214669.jpg

 因に、このバックパックとスノーシューは、一部の海兵隊員も使用しております。
 



 ところで。
 御館様のお屋敷からの帰りに、上田城址公園にいきまして、紘武士君と散策致しておったところ、紘武士君は何を思ったのか、大手門に通ずる路端の石垣から・・・・・
c0108806_12111473.jpg

8m程下の空堀にダイブ!

 
c0108806_12193458.jpg
(救出直後のチビ坊)


 幸いにも、かすり傷を一つ、作る程度で済みました事は、見えざる存在の御力としか言い様がござりません。
 事後も平生の通り、確としてはおりますが、何分、ことが事だけに、直ぐさま東京に引き返し、掛かり付けの「東京動物医療センター」で検査をして頂きました。
 石井院長先生と南先生をはじめ、大勢の、しかも優秀な獣医の先生方に御見立て頂き、特段の問題が無い事を確認致した時、其れがし、漸く一安心


 まったく紘武士君は、ヤンチャが過ぎる傾向でして、こちらの肝は日々、冷えて縮んでおりまする。
c0108806_12293660.jpg
こう言う風に、いかなる時も悠然としていてもらいたいと思うのは、親の身勝手と申す物でしょうか?


 ヤンチャ坊主も・・・
c0108806_12321371.jpg

 昨日のダイブが身に滲みてか、些か大人しくしております。














=======================
[PR]
by mononofu009 | 2012-05-16 12:48 | 道具と衣類