謙虚に日々精進


by mononofu009
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:道具と衣類( 14 )

当初の発売日から、遅れる事5ヶ月。

待ちに待っておりました、MYSTERY RANCHの

新型モデル、 Hunter Series が、この日の本で、

目出度く発売と、相成りました。


もちろん某し、お目当てのモデル、

metcalfを

迷わず!躊躇わず!些かの逡巡もせず!

即、購入!!


前置きはこれくらいに致しまして、

軽ぅ~く、新モデルのご紹介等・・・

c0108806_11274301.jpg
Scapegoat(スケープゴート)
容量39L、新しいラインナップ、
Hunter Seriesのなかで、
最小のモデルです。
デイハイクや普段使いに適した感じでござる。

c0108806_12034633.jpg
Pintler(ピントラー)
他のパックメーカと一線を画す事になった、
MRの特徴的デザインと機能性でござる、
3ジップデザインを採用した、UL(ウルトラライト)系、
ミニマリスト系にフューチャードしたモデルでござる。


c0108806_11530819.jpg
Cabinet(キャビネット)
旧ミリタリーライン、Nice frameに
装着させるタイプでござる、
CrwCabやLoad Slingの思想を
継承したモデルでして、
Nice Frameに代わり、新規開発された
Guidelight Frameは、従前の重量から、
およそ半分以下の重量にまで軽量化され、
全体のパフォは、ミリタリーラインと同等か、
もしくはそれ以上の、
潜在能力を秘めたパックでありまする。

さて・・・
我家に来たMetcalf(メットカーフ)でござる・・・
c0108806_12504634.jpg
ジャジャ〜ン

c0108806_13232940.jpg
c0108806_13235352.jpg
容量7lLのメインコンパートメントを、
新型のGuidelight Frameから、
完全にパージする事が可能でして、
追加的な装備や荷物を確実強固に、
オーバーロード出来るで御座る。

この機能!!
この機能が欲しかったで御座る!!

で、それがし愛用の旧ミリライン・モデルSATLと比較。

c0108806_13311991.jpg
左右の二つはSATLで、真ん中がM
etcalf。

Metcalfは立てに長い感じの作りでスマート系。

左のSATLには、別売のDay Pack Lid を

付けてるいるせいか、本体62Lの容量ながら、
71LのMetcalfより大きく見えまする。



c0108806_13415631.jpg
件のLID。

左から、SATL純正のLid、真ん中はDay Pack Lid、

右がMetcalfのLid。ご覧の如く、MetcalfのLidが、最も

小さいでござる。


Metcalfの唯一の残念箇所

c0108806_13464374.jpg

此所でござる!!
此所でござる!!

c0108806_13473645.jpg
SATLには付いておりました、
ウェイビングテープが無い、無い、無ゃい!!

某し、ツールナイフをやGPSを付けたりするのに、

メチャクチャ重宝していた機能が、

無ゃいで御座る!!!!


とまれ、

そうは申しましても、新型への期待は増すばかり。

良き時と事を共に過ごせる、

そんな道具である事を祈るばかりでござる。



そしてオマケは先日の野営模様〜〜

c0108806_13554265.jpg

c0108806_13564433.jpg

c0108806_13572719.jpg




[PR]
by mononofu009 | 2016-08-14 13:57 | 道具と衣類 | Comments(0)

道具の工夫と試み



c0108806_20144204.jpg
MYSTERY RANCHのリックと、
其れがしの自作した物を試しに、
出かけて参りました。

c0108806_20234893.jpg
c0108806_20254011.jpg
今更感ありありの3Cデザートの生地を使い、紘武士君のリード連結&簡易確保用に使うレスキューベルトに、ゴアの袋を内装し拵えた「おやつポーチ」。
ギア入れ用のマグポ共々、エクステンドが長めなのは、ここの部分にリックのウエストベルトが来るからでござります。


c0108806_20325709.jpg

c0108806_20355359.jpg
c0108806_20351515.jpg


テントのフロア用に敷く銀マットは、其れがし、常に2枚持ちます。なので、69Lクラスのリックでは内部収納は些か困難。左様な訳にて、GIコットの生地にて、スタッフザックを自作。
これには別の意味も御座って、厳冬期の水分補給において、キャメルはほぼ使用が不可能。
当たり前に思考するなら、「厳冬期はテルモス」と言う選択なのかと存じますが。

あえてナルゲンで挑戦。
100均で売っているボトルカバーに、
これまた自作の銀マットを使った反射&保温材を挿入。
これを更に、スタッフザック内の銀シートの所に収納。
c0108806_20522290.jpg
これは、思いもよらぬ高性能。
マイナス18℃の中で氷結する事も無く、
この通り!
こういった物は、そこそこお金を出せば、マスプロのれっきとした物が手に入りますが、
そこを「敢えて自作する」
このことが、旅を尚更の思い出にしてくれるものと存じます。





[PR]
by mononofu009 | 2015-02-02 21:33 | 道具と衣類 | Comments(2)

受け入れるべき事


c0108806_03164538.jpg

犬連れの登山は、およそ不便で御座る。


アプローチや戻りに、公共機関は使えず、
山小屋の利用は、余程、理解を得られたり、
親密な関係者でない限り、シーズン中は不可能。
先ず、人が優先な避難小屋では、
どんなに落雷豪雨であっても、
収容人数が多ければ、
犬が入れる余地や許容のはありませぬ。


それ故、犬連れの山行者は、リスク上等の

スタンドアローン化が絶対条件であり、

自己完結の為に、重要なのが「装備と計画力」

これには、こだわります。


昨今、500gにも満ないリックを使い、装備全体の

超小型軽量化を実践する向きが、日本でも人気が

出始めております。


そりゃぁね、軽いにこした事はありません!!

ですが、リスクを想定し自己完結を追求するなら、

ある程度の重量は、止むを得ませんぬ。

大体、好天を前提にするから軽量化の推進が

成立つのであり、それに釣られる形で、

各メーカーや

WEBショップが、

商品のライフサイクルを短期且つ、

再購入の機会を増やせる軽量軽素材の商品を、

ウルトラ・ライト・コンパクトという、

登山者にとって

金科玉条の言葉を巧みに利用し、

軽量化商品を推奨すると言うのが、

今の有り様でござる。

そんな軽量化素材の装備がぶっ壊れて、
計画中止ならまだしも、
命に関わる事態の招来なら、
行き過ぎた軽量化は、自殺行為であり、
其れがしの選択外でござる。


過度な軽量化が役に立たないときが御座る。

それは冬山。

装備の性能と使う側の経験が、

嫌という程、試されまする。


犬連れなら、何かあっても、

犬と一緒の救難要請は不可能に近し!

其れがしは、いつもこの覚悟と装備をもって、

冬山に入りまする。


何故、そうまで致すのか?

それは、犬と一緒に山旅をするのが、

それがしにとって、とても幸せな事だからで御座る。







[PR]
by mononofu009 | 2014-12-23 03:18 | 道具と衣類 | Comments(0)

過日、家の奥方殿が仕事で使いまする、

医療系イラストを数点、描いたで御座る。

そして昨日、その報酬を頂きました
ちょいと早いクリスマスプレゼント!
これで其れがしも、遅ればせながら、
ラグジュアリー系バックパッカーの、
ミスラー(ミステリーランチを使う人)に
なれまする(笑)


しかしですのぉ〜

バックパックマニアな其れがし、

高額なバックパックが、狭い家の中に
ドンドンと増えまくる一方。
最近、置場に困っておりまする(泣)

ともあれ、バックパックの増加と同様に、
幸せな日々がドンドンと増えまくる事を、

願うばかりですな。


c0108806_02351612.jpg

c0108806_02370245.jpg


[PR]
by mononofu009 | 2014-12-16 02:37 | 道具と衣類 | Comments(0)

VARGO Titanium Fire Box Grill

c0108806_352231.jpg


秋のホビーショーが終わって一月半。
すでに、来年の諸々が、始まって御座る。

とは申せ、息抜きも重要!

ところで其れがし、この夏に、
VARGO のTitanium Fire Box Grill を、
悩み抜いて買ったでござる。
そして、この道具の名を、武者修行グリル1号と命名致しました。


c0108806_4165229.jpg
c0108806_4165281.jpg
c0108806_4155971.jpg
c0108806_415729.jpg
c0108806_4142610.jpg


気ままな野宿を致しながら、
この道具が醸し出す「味」に、
このところ、大変、和ませて頂いておりまする。




=========================
[PR]
by mononofu009 | 2014-10-25 03:59 | 道具と衣類 | Comments(2)

御挨拶方々

c0108806_1183661.jpg


 〆切りを無事に乗り切りまいて、いよいよ明日から、静岡HobbyShowが開催されます。どうぞ皆々様、御運びの程、由なに御頼み申し上げまする。



 
 さてさて、些か時間もできまいたので、先日、久方ぶりに、御館様のお屋敷に御伺い致しまいた。

More続きです
[PR]
by mononofu009 | 2012-05-16 12:48 | 道具と衣類 | Comments(0)

本日は・・・

c0108806_21465626.jpg

 久方ぶりに、ミリタリー装備と山装備の併用を行いました。これも某の生業に御座ります。

 ご協力頂きました、mason殿、くた殿、S島殿、誠にありがとうございました!!

 それにしても、BDのライトハーネスは恥骨に食い込んできて、辛抱堪りませぬ(涙







======================
[PR]
by mononofu009 | 2012-04-21 21:58 | 道具と衣類 | Comments(2)
c0108806_1734438.jpg


 先日、御館様のお屋敷にお伺い致した折に、
御館様の「あ〜もぉりぃ〜(武器庫)」に御入荷されて間もない、TOY SOLDIER製のICー4008系、特小域周波数帯対応の無線機実装PRC148を、手癖の悪い其れがしは、戯れに、パクって参りました。  

何時もの事ながら、
胸を張って!
常習犯でござる!




 
 御館様の所に届いた「JP Ver.」は、御館様のご意向が反映されまして、
ミル規格の6pin
コネクタとなっておりまする。





 なので、
 誠に
「萌えぇ!!」
な逸品で御座ります。

 が、しかし。

 コネクタがそれモンですと・・・
 
 放出品のコネクタを使って、自作するか?

 或は、NEXUS系の実物を購入致すか?

 うぅぅぅ〜む・・・
 悩みが増えたで御座ります(で、結果は金が減る?
 
[PR]
by mononofu009 | 2011-07-02 18:18 | 道具と衣類 | Comments(2)

GREGORY

c0108806_23323823.jpg

c0108806_23421864.jpg


ええぇ〜と、
中野に参る心づもりでおりましたが、用事を思い出しましてのぉ〜、つと変心。
本日は新宿6丁目にあります「A&Fカントリー本店」に行って参りました。
何でも、A&F殿はつい最近、御移転されたそうで御座る。
で、グレゴリー物の仕入れがメインの用事にて、今一つ、忘れちゃならないのが、グレゴリーのカタログ購入で御座ります。

これはA&F殿が、今より西の、大久保側に有った時より欠かせませぬ、年中行事にございまして、先代の辛夷君も、其れがしに連れられて、年に一度は通うておりました。

其れがし、特に思いまする。
慣例となる営みが、
各々に御座ろうかと存じまする。
その習いを、分かち合えます存在と共に、行えます事は、正しく、幸中の幸甚。

時は移りて、また時節は変わりても、個人の細やかな営みが侵される事の無い、そういう安寧な世であります事を、つくづく、願うばかりに御座ります。
[PR]
by mononofu009 | 2011-06-18 00:08 | 道具と衣類 | Comments(0)
c0108806_15142876.jpg


 もう十年くらい前になりますか。
 
 其れがし、当時の仕事で専門誌の連載をもっておりました。
 ある時、放射性物質まで除去できる浄水器があり、しかも携帯型が存在する!ということ知りまして、連載で紹介した事が御座いました。
しかも、紹介した「それいゆ」さんからのご好意で、その浄水器を頂いたという、そんな事がございました。

 その浄水器の名は、
シーガルフォーの「ファーストニードDX」でございます。

 折しも、東海村JCOでの臨界事故から、そう時間が経っていなかったこともあり、個人で出来る放射能汚染に対する手段という事と、野遊びの好きな我家(当時、カヌーにはまっていた為)には、必携の品にて、つい最近まで、現役でがんばってくれておりました。

 その、ファーストニードDXの後継機になりますのが、
「ファーストニードXL」でございます。


 福島第一原発の事故をきっかけに、此度は、長年努めてくれたファーストニードDXに変わり、「XL」を更新導入致す事に相成り、して本日、その物が到着の由に。

 この浄水器はナルゲンのボトル(1L)がねじ込めたり、XLは付属のアダプタを介しますと、市販のペットボトルも連結可能でございまして、とにかく便利!

 水は生きていく上で、大切なもので御座る。
 それを、些かでも安堵して頂戴したい事、必然に御座れば、我家の山歩において、この浄水器の携行は必須。
 斯様な物まで常に携行致す様な、斯様な事態に成ってしもうたこの現実が、何とも、悲しゅう御座ります。

ファーストニードXLの性能
(グランドデュークス東海調べ)
c0108806_1613860.jpg
表をクリックすると大きくなります

 
[PR]
by mononofu009 | 2011-06-09 16:26 | 道具と衣類 | Comments(0)