謙虚に日々精進


by mononofu009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

更新粛々

 起筆を致す前に、
 岩手・宮城内陸地震が起きて今日で一週間。被災された方々に於いては、天候影響による事後の懸念に予断の無き事と思います。一日も早い復興と安寧静謐が訪れる事を、其れがし、心よりお祈り致しております。


 さて、さて、このところ緩やかに、また金銭的穏やかに、其れがしは山岳用装備の更新を計っております。(誠にご協力関係各位様に感謝でございます!)

 更新に於けるテーマは、
 ”現状より2kgの軽減”
 ”使い易さ”
以上の二点でございます。

 まず取掛かったのが、LEDランプの導入。LEDは球切れの心配も少なく(壊れる時は大抵本体)、このところ各社のLEDヘッドランプの性能が一段とアップしてきましたことがLED移行の理由です。
 この一年と半年、幾つかのモデルを用意し、それぞれの利便性と瑕瑾を見極めるべく、試験運用を行って参りました。


PETZL タクティカXP
c0108806_1453225.jpg

重量は95g(単4電池3本を含む)
防滴使用なので大雨は無理(短時間の小雨等はオケ)
バルブ 1W ハイアウトプットLED
最大照射 35m
照射レベル 3段階+50mブーストモード付
ビームパターン ワイド&スポット
スライド・ワイドレンズがあるので、テント内でぼんやり
照らすのに便利。
照射モードを最大からエコノミーと、様々に切り替えて1日6時間使用した場合、凡そ4日で電源が使用限界を向かえます。
バッテリー・インジケータが付いていて、電源残量が確認できます。
因にこのモデルは、デザートカラーのverがあります。








PETZL タクティカプラス
c0108806_1582652.jpg

重量=78g(単4電池3本を含む)
防滴使用(タクティカXPと同程度)
バルブ 5mm砲弾型LED×4
最大照射 32m
照射レベル 3段階
ビームパターン ワイドのみ
電池寿命はタクティカXPとほぼ同じ。
c0108806_15441796.jpg

こちらは旧モデル。現行だと「ティカ」とほぼ同仕様。スイッチ部分が些か上のタクティカプラスとちがってます。
バルブ 5mm砲弾型LED×3
重量 78g(単4電池3本を含む)
最大照射 27m
照射レベル 単一
ビームパターン ワイドのみ
電池寿命はタクティカプラスと然程かわりませんが、カタログだと少々勝る様です。









PETZL ミオXP
c0108806_16422100.jpg

新規試験配備の為、実用事例はありません。以下カタログ値です。
重量 175g(単3電池3本を含む)
防滴使用 多分オケぃーでしょう。
3WハイアウトプットLED
最大照射 72m
照射レベル 3段階+97mブーストモード付
ビームパターン ワイド&スポット
開閉式ワイドアングルレンズ付
誤操作防止に、スイッチカバーの機能(そういうデザインになってますな)があります。
電池寿命 未確認〜カタログだと最大に保って180時間だそうです。
バッテリー・インジケータ付


 他の装備で単3電池を使うNVや無線機等があり、運用面の合理性を考慮すると、ミオXPが今後の主機になるかと思います。
 そして予備機には、ティカプラスを選定しています。主機と致して運用した場合でも、性能の面で及第点のモデルであり、何より重量や携行性の良さに満足致したからです。




STREAMLIGHT サイドワインダー
c0108806_16572568.jpg

思いっきりミリタリーモデルです。
重量 141g(単3電池2本を含む重さか未確認)
完全防水です
バルブは 白色LED1灯(0.5W)
     カラーLED3灯(赤外線を含む)
最大照射 大凡25m
照射レベル 4段階+点滅    
ビームパターン スポット(多分) 
電池寿命 最大に保って100時間だそうです。しかし・・・すごく消費の早いライトだと思います。

オプションでヘルメットアタッチメントがあるので、ミッチー等にくっ付けられます。

 当初、常用にしようかと思いましたが、よく考えればタクティカプラスの2倍の重量です。電池の消費量も多く、旧タクティカプラスと似た様な明るさ性能ですので、涙をのんで常用から外し、副次機材に。
しかし、型的に其れがしの心を捉えて離れません。

 ところで、ミオXPが175gと途轍も無い重さがあるので、主機にするとしたら軽量化の道はむしろ遠のきます。
 何を減らして、何を?どれだけ?持つのかが今後の課題であります。
 どんな場面でも使える道具の見定めは、難しいですな。
[PR]
Commented by ZERO at 2008-06-21 21:28 x
初コメントさせて頂きます。
ちょっと前からロムさせて頂いておりました。

自分も最近ミオXPを買いました。
改良版になって明るさ大幅アップといううたい文句に惹かれての購入です。

自分の場合・・・ライトを使う予定がない場合はHDSのEDCのみです。
CR123 1本で60ルーメン出るので、常用かつ非常用にしています。
もしくは、非常用としてPETZL e-Liteをファーストエイドキットに入れてます。
http://kifaru-jp.seesaa.net/archives/200708-1.html

泊まりの場合、特に暗くなってからの作業がある場合(移動なり、食事なり)は、それプラス ミオXPを持っていきます。

ミオXPは、GPSと予備バッテリーが共用できますが、単三を3本という奇数で使うので・・・(泣
バッテリーボックスが後ろにあってカウンターウェイトの役割を果たすので、重さほどの重量感はないように思います。

でも、使う予定がない場合はやっぱりe+Liteですかね。笑

自分の場合、1個であらゆる状況というのは諦めて、軽量なり、明るさなりとそれぞれの状況に特化したモデルの組み合わせでなんとかしている感じです。
Commented by mononofu at 2008-06-22 17:09 x
ZERO殿、御立ち寄り頂き光栄です!

相違い申しましたら平に御容赦。ZERO殿と言えば!高名な「装備部屋」のZERO殿でござりますか?
其がしZERO殿の記事を拝見仕り参考に致した事、一再ではございませぬ!
ZERO殿のアイテムの選択と実地試行は感嘆々々!渋いです!


>ミオXP
お求めになったのですね!
其がし、仕事でお世話になった方が現在GII峰を目指してましてその方が使ってるというだけで妄信調達しました。
http://weblog.hochi.co.jp/takeuchi/

>予備バッテリー共用
LED系の電源は選択に於る重大要因。単3仕様は魅力です。
最近は省エネ物が多く稼働には単3×2が大勢。予備を含め携行電池本数の問題は悩みどころですね。
>重量感は
重そうで心配でしたがそれは思わぬ朗報!杞憂も霧散の心地です。センターストラップはどうされてますか?

>e+Lite
非常用に携行!素晴らしい!其がしも真似ていいですか?習う気満々です!

>1個であらゆる状況
仰せ誠に御慧眼。道具の得手により夫々善用、危機分散の合理的手法ですなぁ。

ZERO殿、此度は貴重な御指南ありがとうございます。この後ともご意見を拝聞叶いますれば幸甚の極み。御立ち寄り心待ちいたしております。
Commented by ZERO at 2008-06-22 22:22 x
身に余るお言葉を頂き恐縮しております。
僕のブログにもお越し頂いていたのですね。ありがとうございます。

>省エネ物が多く稼働には単3×2が大勢
GPS、Krillライト、携帯用の簡易充電器など2本で動くものばかりなので、ミオの3本は困ってます。笑
自分の場合何が困るって、世の中偶数で電池を売ってるので、家の中にバラの新品電池が発生することでしょうか。一部はバラでパックされてますが、そうでない場合は、新品なのか使ったやつなのか分からなく・・・って、僕の管理上の問題ですね(笑

>センターストラップ
今のところ使ってないですが、髪形や、長時間頭付けたままにする場合などはセンターにもつけて、その分締め付けを緩くする事もできますね。

>e+Lite
非常用ですが、常用できてしまう明るさですね。
自分の場合は、ボタン電池のように常用してない電池は半端に減った電池が発生すると困る(単三だとリモコンに使えますね)ので、常用せず非常用に限定してます。どれだけ使ったかわからなくなって、非常時に沈黙されると大事ですし。。。

今後よろしくお願いします!
Commented by mononofu at 2008-06-25 16:52 x
ZERO殿、
>身に余るお言葉を頂き恐縮
何を仰っいますか!ZERO殿の様々に於ける造詣の深き事、其がし等及ぶべくもございませんぞぉ!

>新品なのか使ったやつなのか分からなく
解りますなぁ。其がしは、必要本数を積算で帳尻を合わせても結局ベースや自宅で確と監理しないとシビヤな山行等、いざ!と一点の曇り無くとは参りませぬ。
ZERO殿の御苦労に涙を禁じ得ません。

>センターストラップ
メットの時にあると良いかなと思いましたが締縮緩和の効能とは思いもしませんでしたぞ!流石ですな!

>e+Lite
そんなに高性能ですか!やっぱり調達します!


>非常時に沈黙されると大事
然り、然り。誠に同感です!
何事に於いても「疑って、尚疑って」の行為が紙一重に結果を分つ・・・経験と知恵による信頼性の歩留まりあってこそ行動の自由性を獲得でき更に帰還率向上に繋がると存じます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mononofu009 | 2008-06-21 17:47 | 道具と衣類 | Comments(4)