謙虚に日々精進


by mononofu009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

MYSTERY RANCH 新型モデル 見参!!

当初の発売日から、遅れる事5ヶ月。

待ちに待っておりました、MYSTERY RANCHの

新型モデル、 Hunter Series が、この日の本で、

目出度く発売と、相成りました。


もちろん某し、お目当てのモデル、

metcalfを

迷わず!躊躇わず!些かの逡巡もせず!

即、購入!!


前置きはこれくらいに致しまして、

軽ぅ~く、新モデルのご紹介等・・・

c0108806_11274301.jpg
Scapegoat(スケープゴート)
容量39L、新しいラインナップ、
Hunter Seriesのなかで、
最小のモデルです。
デイハイクや普段使いに適した感じでござる。

c0108806_12034633.jpg
Pintler(ピントラー)
他のパックメーカと一線を画す事になった、
MRの特徴的デザインと機能性でござる、
3ジップデザインを採用した、UL(ウルトラライト)系、
ミニマリスト系にフューチャードしたモデルでござる。


c0108806_11530819.jpg
Cabinet(キャビネット)
旧ミリタリーライン、Nice frameに
装着させるタイプでござる、
CrwCabやLoad Slingの思想を
継承したモデルでして、
Nice Frameに代わり、新規開発された
Guidelight Frameは、従前の重量から、
およそ半分以下の重量にまで軽量化され、
全体のパフォは、ミリタリーラインと同等か、
もしくはそれ以上の、
潜在能力を秘めたパックでありまする。

さて・・・
我家に来たMetcalf(メットカーフ)でござる・・・
c0108806_12504634.jpg
ジャジャ〜ン

c0108806_13232940.jpg
c0108806_13235352.jpg
容量7lLのメインコンパートメントを、
新型のGuidelight Frameから、
完全にパージする事が可能でして、
追加的な装備や荷物を確実強固に、
オーバーロード出来るで御座る。

この機能!!
この機能が欲しかったで御座る!!

で、それがし愛用の旧ミリライン・モデルSATLと比較。

c0108806_13311991.jpg
左右の二つはSATLで、真ん中がM
etcalf。

Metcalfは立てに長い感じの作りでスマート系。

左のSATLには、別売のDay Pack Lid を

付けてるいるせいか、本体62Lの容量ながら、
71LのMetcalfより大きく見えまする。



c0108806_13415631.jpg
件のLID。

左から、SATL純正のLid、真ん中はDay Pack Lid、

右がMetcalfのLid。ご覧の如く、MetcalfのLidが、最も

小さいでござる。


Metcalfの唯一の残念箇所

c0108806_13464374.jpg

此所でござる!!
此所でござる!!

c0108806_13473645.jpg
SATLには付いておりました、
ウェイビングテープが無い、無い、無ゃい!!

某し、ツールナイフをやGPSを付けたりするのに、

メチャクチャ重宝していた機能が、

無ゃいで御座る!!!!


とまれ、

そうは申しましても、新型への期待は増すばかり。

良き時と事を共に過ごせる、

そんな道具である事を祈るばかりでござる。



そしてオマケは先日の野営模様〜〜

c0108806_13554265.jpg

c0108806_13564433.jpg

c0108806_13572719.jpg




[PR]
by mononofu009 | 2016-08-14 13:57 | 道具と衣類