謙虚に日々精進


by mononofu009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

道具の工夫と試み



c0108806_20144204.jpg
MYSTERY RANCHのリックと、
其れがしの自作した物を試しに、
出かけて参りました。

c0108806_20234893.jpg
c0108806_20254011.jpg
今更感ありありの3Cデザートの生地を使い、紘武士君のリード連結&簡易確保用に使うレスキューベルトに、ゴアの袋を内装し拵えた「おやつポーチ」。
ギア入れ用のマグポ共々、エクステンドが長めなのは、ここの部分にリックのウエストベルトが来るからでござります。


c0108806_20325709.jpg

c0108806_20355359.jpg
c0108806_20351515.jpg


テントのフロア用に敷く銀マットは、其れがし、常に2枚持ちます。なので、69Lクラスのリックでは内部収納は些か困難。左様な訳にて、GIコットの生地にて、スタッフザックを自作。
これには別の意味も御座って、厳冬期の水分補給において、キャメルはほぼ使用が不可能。
当たり前に思考するなら、「厳冬期はテルモス」と言う選択なのかと存じますが。

あえてナルゲンで挑戦。
100均で売っているボトルカバーに、
これまた自作の銀マットを使った反射&保温材を挿入。
これを更に、スタッフザック内の銀シートの所に収納。
c0108806_20522290.jpg
これは、思いもよらぬ高性能。
マイナス18℃の中で氷結する事も無く、
この通り!
こういった物は、そこそこお金を出せば、マスプロのれっきとした物が手に入りますが、
そこを「敢えて自作する」
このことが、旅を尚更の思い出にしてくれるものと存じます。





[PR]
by mononofu009 | 2015-02-02 21:33 | 道具と衣類